南港 暮れゆく空 〜 by 空倶楽部

                                       
花  撮影日時:2020.1.24  16:16
花  撮影場所:大阪南港   大阪府 

 

  カメラ    PENTAX K-70

 

 

この日は もともとちょっとやんちゃな感じの空でした。

仕事で出掛けた大阪南港、暮れていく空をちょこっと撮りました。

 

1枚目 ↑ 海に背中を向けて振り返ってみたATCとコスモタワー。

動きのある雲が包んでいました。太陽は傾き出す直前です。

 

2枚目 ↓ それからわずか20分後、太陽はあっと言う間に沈んでいって

さんふらわあ・あいぼりの船体横部分を眩しく照らしています。

空はほとんど焼けなかったけれど スポットライトのような

その光も綺麗でした。

 

 

                                       
花  撮影日時:2020.1.24  16:37

 

  カメラ    PENTAX K-70

 

 

そして3枚目 ↓ 太陽は沈んでしまっていましたが

一旦ターミナル構内を出て振り返った空が素敵だったので

車を停めてターミナルの出入口まで歩いて戻ってみました。

蒼い空に浮かび上がった さんふらわあ・さつまの姿。

遠くから見るとしっかり旅情を醸し出しているように

感じましたが いかがでしょう?

 

今 大阪南港さんふらわあターミナルには 

毎日2隻のさんふらわあが着岸しています。

日の暮れる頃 それぞれ別府(大分)と志布志(鹿児島)に

向かって出航しています。

 

 

                                       
花  撮影日時:2020.1.24  17:03

 

  カメラ    PENTAX K-70

 

 


♪ 〜 『空倶楽部』に参加しています 〜 音符

 

    毎月「9」のつく日は空倶楽部の活動日です  

  詳しくは かず某さん chacha〇さん へ 

 

 

コメント

おはようございます☆

風情のある時間帯にロマンティックな景色を撮られましたね。
さんふらわ4隻体制、グランドスラムしてるlunayaさんらしい視点。
2枚目、船の側面、巨大な平面部の凸凹が夕陽にクローズアップされて、美しいです。

蒼空残る夕暮れ、いいですね〜
さんふらわあに当たる夕日も素敵!

夕暮れの
その時々の空の三部作ですね
やんちゃさんの空にも魅かれますし 
スポットライトの光は神々しいほどに.:*・゚
 
トワイライトの薄暮の中で
就航を待つ汽船は重厚なのに
ポエティックな存在感も漂っていて
船の中は・・
招かれた人たちだけの 
特別な時間に想えます〜(*^_^*)

淡い夜色の空にLが綺麗です☆**

 

今晩は!(=^・^=)
1枚目やんちゃな空が広がっていますね〜〜!
南港の近く近代的な高い建物が・・・!
両親が近くに住んでいた時にはなかったので、
当時はサンフラワーに乗って九州入りも、
最近父母と回った奈良、京都、大阪をゆっくりと
回って見たくなりました。
2枚目、サンフラワー輝いて綺麗いですねすぐに変わるので
焦りますがキラキラするのを見つけると嬉しくなります〜〜!
3枚目、灯りのともった光景は情緒ありますね。

  • Kmori
  • 2020/01/29 22:38

フェリーに光が当たったお写真いいですね。

南港、しばらく出かけてないです。

最近、出かけるのが億劫になって・・。

  • noko
  • 2020/01/29 22:46

おはようございます!
夜勤明けです!

大阪南港の夕空ですか!
空は焼けなかったけど‥船に射す光がいいですね〜〜
好きな一枚だな〜

いつか‥お嫁ちゃんのママと一緒に志布志から‥trip!

ありがとうございます!コメント出来ました!

  • hitsujigumo3942
  • 2020/01/30 06:38

刻々と移り変わる南港の空。

弾むlunayaさんの心情が伝わってきました。

2枚目の光。
いいですね。映画の和シーンのよう。
物悲しげな旅情を感じました。
この春に金沢にもクルーズターミナルがオープンしますが
こんな景色が眺められたらいいな、と
思いつつ拝見しました。

気持ちのいい空ですね(*^_^*)
空の移ろいって本当に飽きない!!

ブログ少しだけ閲覧できるようになりましたけど
まだ管理ページに入れなくて。。。(^_^;)トホホ

こんにちは

夕陽の染まるサンフラワー!出向をわくわくしながらきっとお客さんも夕陽を浴びていたかもですね。

  • bara
  • 2020/01/30 11:54

こんばんは。
初コメ失礼します。

日差しも色合いも雰囲気を演出し旅情を感じます。
ペンタックスもいい色を出すのでこの時間帯は狙い目ですよね。

  • Kazu
  • 2020/01/30 21:42

こんばんは。さんふらわあが向日葵色に輝いて、太陽のお茶目ないたずらみたいですね。
 ターミナルの入口まで歩いて戻られて撮られたのが、流石ですね。 船のライトと、Harbour Lights がとても旅情を感じさせて呉れました。

  • Minoru
  • 2020/01/30 23:08

冬空じゃないみたいな空ね。
綺麗だけど、これじゃ秋空だよね。
暖冬なんだなって、つくづく思います。

鵝.汽ぅ皀鵝,気

南港のこの辺りだけは すっかり
クレセントの庭 状態です。(笑)
…にも関わらず、いつも「ついで」の撮影で
今イチ変わり映えしないところが我ながら残念…。

今回 思っていたよりずっとズレた位置に
太陽が沈みました。そんなことも知らなくて…。
写真を撮ることで気づくことがまだまだいっぱいです。

鵝chacha〇 さま

フェリーターミナルは岸壁沿いにあるので
電車のターミナルとも
空港とも違う 独特の雰囲気。
そこにちょくちょく行けるメリットを
もっと活かしたいのですが…。

まだまだこころのカメラでしか
その感動を撮れませんねぇ〜。(苦笑)

鵝,譴發鵝,気

「やんちゃ」と表現するのが最も適切だと
思えたこの日の空。
名物(?)の夕焼けはありませんでしたが
沈みゆく太陽とさんふらわあ とのコラボは
それなりに素敵でした。

豪華客船とは違い輸送手段の船なので
華やかさはないのですが 非日常の
ドラマはいつも感じられます。
ロゴの“L”のこと 有難うございます!

鵝Kmori さま

南港・大阪港のエリアは
2025年の大阪万博に向けて これから
またさらに変わっていきそうです。
かつて住んでいらしたのなら ぜひ一度
ゆっくり散策にいらしてくださいね。

キラキラはいいですよね〜〜!
モタモタしていて いつも間に合いませんが。

鵝noko さま

この時期はあそこに日が沈んで
こんな所に陽射しが当たるんだ〜 と
今回初めて知りました…。ちょっと新鮮!(笑)

大阪で港を撮るならまずは大阪港ですよね。
でも意外と大阪南港はお薦めです!
いつかいらしてください。

鵝hitsujigumo3942 さま

hitsujigmumoさんはどっちの航路かな?
と思っていましたが 志布志からなんですね!
いつか是非 船から見る・撮る夕日、朝日を
体験してください!

リニューアルが不完全でややこして
すみません…。
当分そのようにお願いします。

鵝juraku-5th さま

今回の写真3枚は僅か1時間以内に
移り変わった空の写真で 確かに気持ちは
弾みますが 一方では焦りまくり〜(苦笑)。

クルーズ船のターミナルが出来るのですね!
それならきっと華やかな客船が寄港して
素晴らしいシーンを見せてくれそうですね!
わたしではとても勝負(?)になりませんが
お写真楽しみにしています。

鵝‐仍辧,気

空の移ろいを堪能しながら撮影できる…、
空倶楽部ならではの醍醐味です。
その代わり どこへ行っても空を撮らねば!
のプレッシャーがありますが。(笑)

ブログ、なかなか復旧しないね。。。
「こころが折れた」の笑子さんが
気の毒すぎます…。

鵝bara さま

ご家族がたまに利用されているのは
さんふらわあでしょうか?
それとも新門司等に着く他社フェリー?
見送りやお迎えでターミナルに行く時は
なかなか写真は撮れないかもしれませんが
機会があれば baraさんもカシャリと
撮影なさってみてくださいね。

baraさんバージョンの南港を拝見したいです!

鵝kazu さま

コメントありがとうございます。

日中の撮影でも まだまだカメラ設定が
おぼつかないので こうした日暮れ時や
日の出の時間帯は本当に適当、
いい加減な設定になってしまっていて
カメラ本来の色合いや持ち味を
全然活かせていない状態です〜。

・・・が、
ま 楽しいからいいかっ!の精神です。(笑)

鵝Minoru さま

太陽は お茶目と言うか 意地悪と言うか
ちょこっといいシーンを見せてくれましたが
それをゆっくり撮らせてはくれません。(笑)
あっと言う間に沈んでいきました。

今年は本当に暖冬でターミナルや船の甲板からの
撮影が 例年よりうんと楽です。
この日も思い切って歩いて戻ってみて良かったです。

鵝ROUGE さま

> これじゃ秋空だよね。

ホントにね〜。
でもいいの、寒さがマシで写真を撮ろうと
言う気力が保てるから。(苦笑)

本来なら今が一年で一番寒い時期だけど
寒さがマシで 風邪やインフルエンザの
流行が控えめな分、今年はコロナウィルス!!
何と言うことでしょう…!気をつけましょうね。