えりもの春? 〜 by 空倶楽部

G奈良b

 

 

:*:・♪:*:・・:*:・♪:*::*:・♪:*:・・:*:・♪:*:

 

先週 ちょっとした用事があって奈良県の北東部、

四方を山に囲まれた 宇陀市 と言うところに行って来ました。

梅雨のさなか 天気予報は曇りでしたが 何となく青空の予感があって、

たぶん撮る時間はないだろうな〜と思いながらも一眼カメラ持参。

こんな時こそ新メンバーのコンパクトなカメラにすればいいものを、

短い時間でパッパと撮るなど まだとても無理なので仕方なく…。(涙)

 

用事の合間だったので やはりほとんど撮影時間はなかったものの

「ほらね!やっぱり晴れた〜!」の青空。

そして 中庭のたくさんの紫陽花は まだオトナ綺麗な状態!

 

 

G奈良c

                                        

 

:*:・♪:*:・・:*:・♪:*::*:・♪:*:・・:*:・♪:*:
 

外階段を上って 建物3階デッキから空を眺めてみると〜、

「襟裳岬の春」のような(???) 素敵な梅雨晴れの風景!

そう…、つまり 何もないんだけど なんだかとっても豊かで

包み込まれるような風景 だったのです。もちろんカシャリ。

重いカメラを持って来た甲斐がありました〜。(笑)

 

ライン♪ライン『空倶楽部』に参加しています ライン音符ライン                         

 

    毎月「9」のつく日は空倶楽部の活動日です  

 詳しくは かず某さん chacha〇さん へ 

 

                                                 

G奈良a

 

花     撮影日時:2019.7.12   13:13
花     撮影場所:宇陀市 某所   奈良県 

 カメラ    PENTAX K-70

 

 

コメント

おはようございます。

記事を読んでいると
心弾んで階段を上っる娘さんが目に浮かびます。
心はいつも乙女・・・
もうすぐ梅雨明けですね。
ホタルのシーズンは終わり
私には花火と渓流の季節が始まります。

  • Futchan
  • 2019/07/19 07:57

南の国からおはようございます☆

お茶目な題目に激爆でした。
ラストの山嶺、姿に見覚えがあり、我が家付近から視界が効くときに
見えてくれます。
こういう天気の時の方が見えたりします。

おはようございます。装飾花のショット素敵ですね。いつも写っていない所に何かを感じさせて呉れます。
 何もない春? カールブッセの「山のあなたの空遠く、、」の詩を思い起こさせて頂きました。

  • Minoru
  • 2019/07/19 11:19

「青空の予感」みごと的中〜(^^)v
よかったね〜
とてもいい見晴し、山の稜線の青もきれい(*^_^*)

関東の青空は何処へ???8月のお題
撮れるのかな?心配

紫陽花、うちはすっかり秋色になってますが
四季咲き紫陽花がまた蕾を付けています(笑)

検査、来月半ばまで続きます。
検査する度、癌以外の病名が追加され
他の科受診になるという悪循環(^^;

検診は大事ですよ〜!

こんにちは!

間近の紫陽花から次第に目が遠くへ移っていく...
構図と相まって見事な構成の組み写真だと感じました。
しかも遠近だけでなく
縦、縦と続けて横で視界を開かせる。
さすがの感性です。
参りました!

宇陀と聞けば室生寺と反応してしまうのですが
さすがにデッキはないから違いますね。
外階段(石の)はいっぱいありますけど(笑)

こんにちは
襟裳の春は何もない春です〜

でも‥優しく包んでくれる空はありますですかね〜

私の見る風景も‥何もないですよね〜〜
山あり海あり‥普通のどこにでもある風景ですね。
でも‥見上げると綺麗な空、心色の空が広がっていると‥見慣れた風景が‥また新しい風景に変わるのが‥素敵だなと思います。

紫陽花‥大人色
うん!うん!そんな表現もあったですね〜〜

  • hitsujigumo3942
  • 2019/07/19 18:32

水色空に、紫の紫陽花
素敵なコラボですね〜
霞んだ山脈もいいですね!

  • chacha○
  • 2019/07/19 19:51

晴れの予感が当たりましたね。
晴れ女の威力発揮ですね。

宇陀、いい所ですね。

↓まめおくん、可愛いね。

  • noko
  • 2019/07/19 20:15

大人色のアジサイが 
その姿までロマンの香りがしてきます.:*・
曇りの湿気の多いお天気は 
アジサイをもっと魅惑的に変えてくれて 
そんな一番素敵なことろを 
lunayaさんに撮られてしまったアジサイさんでしたv(*^^)v

濃淡のblueのシルエットの山並み
美しいです〜!

こんばんは〜
紫陽花がとっても優雅にそして季節を彩る主役として綺麗に撮影されていてとっても素敵ですね。
青空、、ほんとしばらく見ていません。
カメラを持っていって正解でしたね。
こちらはこの土日も雨が予想されています。(汗
晴れないかな〜〜

  • かず某
  • 2019/07/19 22:52

こんばんは

紫の紫陽花・・しっとりとしていいですね〜

空の色も七変化のように綺麗〜〜。

そろそろ近畿も梅雨明けでしょうか?
となると暑い夏が・・よりいっそうカメラを持つのが億劫になりそうです。

  • bara
  • 2019/07/20 00:19

今日は!(=^・^=)
紫陽花とても美しい構図で素敵ですね〜〜!
紫のあじさい、深い色合いに魅かれます。

関東では青空を見る事が少ないですが梅雨明けの
暑さを思うとそれも。。ちょっといやかなり辛い!

  • Kmori
  • 2019/07/20 10:50

鵝Futchan さま

> 心弾んで階段を上る娘さんが

↑ あらぁ〜、娘さん3人分くらいの
年齢で申し訳ないです…!(苦笑)
好きなことを楽しんでいると
確かに年齢は忘れますけどね!

梅雨も明けていよいよ真夏本番。
撮るものも変わってきますね。

鵝.汽ぅ皀鵝,気

今日も
南の国でお仕事 奮闘中でしょうか。

環境的に 山の稜線、風景には
とても憧れがあって 見れただけで
豊かな気持ちになれます。
この日もそうでした。
サイモンさんのところは海・山
どちらにも恵まれていていいですね!

鵝Minoru さま

写っていないところに何かを
感じて頂けるのは
Minoruさんの豊かな感受性の
お蔭です!

カールブッセの詩、わたしも
改めて声を出して
読んでみました。

鵝‐仍辧,気

こちらは全体として雨の少ない
梅雨でした。
曇りの日も光が射すこともあって、
この日もちょうどそんな感じ。

昨年と比べると
暑さがずいぶんマシで助かりましたね。
でも、いよいよなのかな…。
はぁ〜、負けないで過ごせるかな…。

鵝ROUGE さま

さすがに紫陽花は見かけなく
なりました。
代わって鮮やかな花色の夏のお花が
あちこちで見られます。
でもこれから暑さが続くと
ヒトもお花もダレダレになるけどね。

検診、億劫がらずに定期的に
ちゃんと受けなくちゃ、ね。

鵝juraku-5th さま

ちゃんと考えてじっくり丁寧に撮る、
とは程遠い撮影ばかり
最近は続いていて 一層お恥ずかしい
ところです…。
でもそんな時こそ自分の感覚的な
ものが出てしまうのも事実ですね。

室生寺も宇陀市なんですか?
一度行ってみたいです!

鵝htsujigumo3942 さま

「何もない」の裏側にある
豊かなもの、地元の人が誇りに
思える自然、がとても羨ましいです。
hotsujigumoさんの暮らしも
そんな豊かさの中にあるのですね。

大人色…、何とか綺麗に表現したい
よね。そんな世代だから。(笑)

鵝chacha〇 さま

曇り空もいいけど…、
やっぱり空の青さは見ていて
キモチいいですね!
紫陽花もまだ何とか見頃を
保っていて いいアクセントでした。

山はちゃんと登ったことは
ないけれど、憧れがあります。
いつか登れるかな…。

鵝noko さま

いえ、晴れオンナでは
ないですよ〜。
どうも同行者のパワーに
左右されるような…。
この日はたまたま、ラッキーでした。

宇陀市、いい所のようですが、
この日は近鉄で行きましたが
遠かったです…!(汗)

鵝,譴發鵝,気

あんなにあちこちで見かけた
紫陽花も 遂に姿を消して
しまいました。こうして写真に
撮っておくと その時の…、その季節の…
思い出になりますね。

山の稜線が見えると
「わぁ〜〜!」ってなってしまいます。
この日も見れて嬉しかったです。

鵝,ず某 さま

車移動の時はまだしも、
電車で出掛ける時まで
重い一眼を持って行くって、
ホントに信じられないです〜。
たいていは その苦労もカタチに
ならずで終わりますし…。
でも何か撮れた時には その苦労が
とんじゃうのですよね。(苦笑)

早くコンパクト君に慣れたいです!

鵝bara さま

いよいよ梅雨が明けて
またあの猛暑の日々が
やって来るのでしょうか…。
カメラどころか 出掛けるのさえ
億劫になりますね。

これから約2ヶ月、ブログ写真を
どうやって調達しようか
これにはおおいに悩んでいます…。

鵝kmori さま

紫陽花に見惚れた日が
今はもう懐かしく思えるほどです。
梅雨明けと同時に
天気予報が予想する気温は
うなぎ上りです…!

真夏は 写真撮影と暑さがセットなので
辛いです! お互い体調には
気をつけていきましょうね〜。

トラックバック
この記事のトラックバックURL