<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2歳になりました! | main | さくらびりんす >>

春の車窓 〜 by 空倶楽部

0

    サンダーバード車窓1

                                                                                                                                                                                  

                                   花  撮影日時:2019.04.13

                                                             10:45
                                         花  撮影場所:琵琶湖沿い
                                                 滋賀県

     

     

                                                                     ライン♪ライン『空倶楽部』に参加しています ライン音符ライン                         

     

                   毎月「9」のつく日は空倶楽部の活動日です  

           詳しくは かず某さん chacha〇さん へ 

     

                                                                                                                             

                                                   

    :*:・♪:*:・・:*:・♪:*::*:・♪:*:・・:*:・♪:*:

     

     

    この歳になっても 一人でCafeやレストランに入るのは大の苦手…。

    でも一人旅は結構好きです。

    この日 大阪駅から一人で特急に乗りました。

    願ってもない快晴で 車窓から見る琵琶湖畔の風景が目に優しい!

    ちょうど桜も満開で 道路沿いや集落の地道に何気なく咲く桜の姿に

    大いに癒されました。

                                                                                                                                                                                                                                      

                

    サンダーバード車窓2

     

                                                                                                                                         

                                                    
    大阪駅を出発して2時間ほど経つと 山上の半分ほどが雪で覆われた

    美しい山々も見えてきました。これは白山???

    山のこんな風景を見るなんて普段まずないことなので

    テンションが上がります!(笑)

    線路からすぐ近くの畑の横には満開の桜〜!これもイイな!!

     

    いつもはあまり買わない駅弁もこの日はちゃんと買って

    しっかり腹ごしらえ。↓

    実は一人旅はこの特急電車の移動だけで、現地では合流するお仲間が。

    到着時間と集合時間を気にしつつ 楽しく過ごしたサンダーバードのひと時でした。

     

      

     

     

    サンダーバード駅弁

                                     

                                                                 

     

     


     

                                                           

    lunaya * 空倶楽部 * 00:03 * comments(29) * trackbacks(0) * -

    コメント

    おはようございます。

    やさしく輝く琵琶湖。
    穏やかな表情となった白山連邦。
    車窓の組み写真とすてきな旅紀行!
    ひとり旅を満喫されたご様子。
    そのすてきな時間を共有させていただきました。
    ありがとうございます。
    Comment by juraku-5th @ 2019/04/19 8:25 AM
    おはようございます☆

    残雪の白山連峰、淡い光に輝く湖面と、
    長い冬を越えた安ど感の漂う魅力あふれる北陸路の車窓です。
    前者は、見えそうで見えない稀有な景色でもあります。
    北陸には、足掛け10年住んでいましたが、そう簡単に見えなかったです。

    目的地は、観光に文化に食に秀でた魅力の地。
    どのような御方が行く先で登場するやら。
    続編楽しみにしています。
    Comment by サイモン @ 2019/04/19 10:45 AM
    「世界の車窓から」のメロディーが
    流れてきそうに思いながら
    リズム感のある
    『車中限定一人旅』拝見しています


    桜と琵琶湖と 、、
    ここに春〜の素敵なお写真ですね
    サンダーバードですか、懐かしいです
    そして
    美味しそうな駅弁〜
    lunayaさまのこれからの楽しみに
    お付き合いしてくれてるように
    弾んでる笑顔に見えてきます(*^_^*)
    これからのお話しも 
    愉しみさせていただいてますv(*^^)v 

    Comment by れもん @ 2019/04/19 8:52 PM
    素敵な車窓(*^-^*)
    2時間もあっという間だよね♪

    満開の桜に、雪を被った山々を重ねて
    私も同じように胸をときめかせつつ
    同じ場所に向かいました(^_-)-☆


    え〜〜lunayaさん、おひとり様カフェも苦手なのね
    私なんて 一人ラーメンも、一人回転すしもOKだよ(笑)
    違いすぎるね!!!
    でも、仲間とのカフェも甘味処もめっちゃ楽しくて
    嬉しい場面です
    Comment by 笑子 @ 2019/04/19 9:06 PM
    サンダーバードからの車窓
    いいですね〜
    この景色を見ながら駅弁を舌鼓
    ザ・列車の旅ですネ
    Comment by chacha○ @ 2019/04/19 10:03 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    Comment by - @ 2019/04/19 10:36 PM
    こんばんは!
    サンダーバードで一人旅!!
    しかも美味しいお弁当と共に窓からは素晴らしい情景が流れていく、、、
    もう最高ですね。
    電車の旅って私も好きなのですが、新幹線は本当に素っ気ない!!
    特急の素晴らしさってこれだと思います。
    行く先々で見た桜、、、本当に素敵でしたね!
    Comment by かず某 @ 2019/04/19 10:54 PM
    こんばんは

    私も一人でカフェやレストランは苦手で、買い物で遠出をしても
    飲まず、食べずで帰宅します(汗

    一人で列車に・・それもお友達の待つ場所へ・・。これは一人ではないという心強い気持ちがありますよね〜。

    車窓もこれから始まる楽しい時間にわくわく!そんな感じで見られていると思いました。

    まめお君。2歳おめでとう〜。遅くなってごめんなさいね。
    Comment by bara @ 2019/04/20 12:02 AM
    列車の旅を楽しまれましたね。
    私、カフェは最近一人で入れるようになりましたが、
    レストランは勇気がいりますね。

    列車からのお写真、いい感じに撮られましたね。

    後のお写真も楽しみです。
    Comment by noko @ 2019/04/20 12:03 AM
    今晩は!(=^・^=)
    サンダーバードで一人旅、栗めし弁当を頂きながら、
    美味しそうですね!

    白い雪を被った山々と桜の光景を美しく撮られていて
    素敵です。

    金沢の写真UP楽しみにしています。
    Comment by Kmori @ 2019/04/20 1:42 AM
    おはようございます。

    車窓から見える景色はいいものですよね。
    特に桜の季節、紅葉の季節は‥

    一人cafeなどが苦手ですか‥
    私は好物です(笑笑)何処でも一人様大丈夫派です。
    だから‥ひとり旅も大好き!家族、友人との旅もいいのですが‥
    ひとり旅はぶらり気ままに動けるのが好きなのかな!それとひとり旅は出会いがあるから好きなのかも!
    これからも楽しまなくっちゃね!
    Comment by hitsujigumo3942 @ 2019/04/20 5:39 AM
    lunayaさん、おはようございます。

    電車の旅の窓から見える景色は
    一瞬、一瞬が新鮮で目が離せないですね!
    琵琶湖畔の景色、ほのぼのと春らしいです。
    雪がたくさん残っている山々、綺麗だね~~
    私もこういうお山を見るとテンション上がります!
    満開の桜がlunayaさんに手を振ってるみたいだね。

    お弁当も美味しそう☆
    これがまた
    至福のひととき(笑)

    旅のお土産話
    お待ちしてます^^







    Comment by お~たむ @ 2019/04/20 10:25 AM
    こんにちは

    笑子さんの記事のところへの途中ですね。
    素晴らしい空の色だったようですね。
     

    これから気のあった仲間達との撮影旅行を前にしたのウキウキ感と
    春の日射しにつつまれた車窓の暖かさが心地良いです。
     
    Comment by Futchan @ 2019/04/20 10:52 AM
     こんばんは。車窓からの景色がとても美しいです。初々しいが出ていて素敵です。
     深窓の令嬢が春宵に到着する目的地は何処なのでしょうか。
    Comment by Minoru @ 2019/04/20 9:14 PM
    私も一人でお店に入れないの〜

    一人旅できるって、お店よりハードル高くない?
    どんななのかな〜?
    やってみたいような?怖いような(笑)
    Comment by ROUGE @ 2019/04/22 2:52 PM
    鵝juraku-5th さま

    普段 乗ることのないサンダーバードに
    昨年1月から何と3回も乗車しました。
    でも道連れがいると 車窓の景色に
    没頭することは難しく、今回は初めて
    心ゆくまで楽しむことができました。

    そしてこの時に感じた楽しい旅の予感は
    見事に当たりでした♪
    Comment by lunaya @ 2019/04/22 11:22 PM
    鵝.汽ぅ皀鵝,気

    そう…、意外と琵琶湖を見る時って
    いつも何となく白っぽく靄っています。
    でもこの時の空はBlueが優勢で
    お蔭で穏やかで美しい風景に出会えました。

    撮影旅、他の方々のレベルには到底届かない
    わたしですが 今回もご一緒させて頂きました。
    Comment by lunaya @ 2019/04/22 11:30 PM
    鵝,譴發鵝,気

    琵琶湖や白山の山並みが綺麗に見えて、
    普通の町や畑沿いにも満開の桜が
    たくさん見れて、大満足な車窓でした。
    懐かしいサンダーバード…、そのご縁も
    わかり わたしも嬉しくなりました!

    あ、栗めし弁当も大満足!
    「世界の車窓から」のメロディー、
    自分の鼻歌BGMです。(笑)



    Comment by lunaya @ 2019/04/22 11:40 PM
    鵝‐仍辧,気

    新大阪から東京駅まで新幹線で
    行くのと ほぼ同じくらいの乗車時間
    だけど、こちらは完全に旅行モード。
    そうね、胸をときめかせながらだと
    あっと言う間ね!

    たいていの「お一人さま」は大丈夫
    なんだけど 食べ物屋さんはどうも苦手…。
    笑子さん、おとな〜!!!!
    Comment by lunaya @ 2019/04/22 11:46 PM
    鵝chacha〇 さま

    > ザ・列車の旅ですネ

    確かにそんな感じですね!
    新幹線では味わえない「列車感!」。

    車窓から見える湖、山々、畑、桜…。
    そして駅弁!
    どれもが 嬉しい和みの要素でした。
    Comment by lunaya @ 2019/04/22 11:51 PM
    鵝,ず某 さま

    飛行機や新幹線では味わえない
    特急列車の旅の醍醐味!
    皆さんとの集合前に
    一人旅で満喫できました。

    ずっと心配していたお天気、寒さは
    この桜のためにあったんだ!と
    思いながら金沢に向かっていました。
    Comment by lunaya @ 2019/04/22 11:56 PM
    鵝bara さま

    > 飲まず、食べずで帰宅します(汗

    わたしもそうなんです…。↑
    基本的にはおうち大好き人間なので。
    でも 乗り物はお一人様でも大丈夫です。
    変なの?!(笑) baraさんはどうですか?

    まめおにお祝いのお言葉
    ありがとうございます!!
    Comment by lunaya @ 2019/04/23 12:01 AM
    鵝noko さま

    車窓の写真をゆっくり撮るには
    お一人様に限りますね。(笑)

    でも 今回はシャッタースピードとか
    ピント合わせとか、かなり無視して
    ただ勝手に撮っただけでした。
    これではいい写真は撮れません…。
    これからもっと勉強しなくちゃあ〜。

    Comment by lunaya @ 2019/04/23 12:06 AM
    鵝Kmori さま

    一人になれる時間・空間が
    心地よいことも事実で…。(笑)
    この日は車窓の景色も美しくて、
    お弁当も旅の雰囲気たっぷりで
    道中 楽しみながら過ごしていました。

    金沢には昨年も行きましたが、
    歴史と気品が薫る素敵な都市。
    Kmoriさんも是非いつか行ってみてくださいね。
    Comment by lunaya @ 2019/04/23 3:23 PM
    鵝hitsujigumo3942 さま

    hitsujigumoさんは お一人様行動の
    プロフェッショナルなイメージ〜!!
    誰かと一緒でも一人でも、自然体で
    その場を楽しめるオトナな方です!!

    携帯やらWi-Fiやらのお蔭で
    ひとり行動もだいぶ気楽にできる
    時代ですね。わたしもまだまだ
    楽しみたいです。
    Comment by lunaya @ 2019/04/23 3:27 PM
    鵝,〜たむ さま

    飛行機も新幹線も、
    はたまたフェリーも高速バスも
    旅の交通手段にはそれぞれ良さが
    あります。特急電車で行く旅は
    車窓の景色が楽しみのひとつ。
    琵琶湖と残雪の山々、今回はそれが
    見れて嬉しかったです!

    ブログで仲良くなった方達との
    こうした交流は本当にありがたいです〜♪
    Comment by lunaya @ 2019/04/23 3:32 PM
    鵝Futchan さま

    はい、この旅の詳細は
    笑子さんが記事と作品で
    詳しく丁寧にアップして下さって
    います。

    皆さんとの集合場所に向かう心境は
    ウキウキわくわく!そして少〜しドキドキ…。
    皆さんの撮影の足手まといならないようにと
    ちょっと緊張しました。
    Comment by lunaya @ 2019/04/23 3:36 PM
    鵝Minoru さま

    わ!嬉しいです!
    初々しい感じが出ていますか?(笑)

    大阪から金沢へ。
    ブログのお友達、写真のお仲間との
    撮影旅に参加させて頂きました。
    琵琶湖の西側を通って進む特急サンダーバード。
    景色も空気も、普段とは違う長閑さと
    ゆったり感に溢れていました。
    Comment by lunaya @ 2019/04/23 3:41 PM
    鵝ROUGE さま

    > 私も一人でお店に入れないの〜

    ↑ これは意外です!!
    カッコいい系ビューティーのイメージ・
    ROUGEさん、わたしとおんなじなんですね!

    旅とか行動とかは一人でもほぼ大丈夫!
    今はどこからでも家族や友人に
    連絡取れるしね。
    本当の意味での一人旅とは
    違うのかもしれないけれど…。(苦笑)
    Comment by lunaya @ 2019/04/23 3:45 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ