<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まめお と365日 | main | Fantasia >>

さつま で行く旅 〜 by 空倶楽部

0

    SF新さつまからの日没

                                                                                                                                                                                  

                                   花  撮影日時:2018.06.04

                                                             18:51
                                   花  撮影場所:淡路島沖?
                                                

     

     

                                                                     ライン♪ライン『空倶楽部』に参加しています ライン音符ライン                         

     

                   毎月「9」のつく日は空倶楽部の活動日です  

           詳しくは かず某さん chacha〇さん へ 

     

     

     ライン ライン ライン ライン ライン ライン                                     


    今日は空倶楽部のお題『カーブミラーの空』が出ていましたが、

    わたしはクリアする事が出来ませんでした…。通常の空写真で参加します。

     

    6月4日、大阪南港から志布志(鹿児島)に向かいました。

    さんふらわあ の急なお仕事依頼での出張です。

    写真 ↑ は出航約1時間後、甲板から西の空を撮ったものです。

    この日前半は晴れていましたが、だんだん低気圧が近づいて来て

    お天気が崩れていく方向でした。

    そのため何とも複雑な空模様を見ることができましたが、

    撮影的には甲板では風に吹き飛ばされそうで

    揺れずに立っているのが難しくブレブレでした…。(苦笑)

     

     

                 音符

     

     

    急なお仕事依頼と言うのは、翌日の志布志からの上り便で

    TV局取材が入ったので、急きょ船内コンサートを、と言うものでした。

    実は さんふらわあ は5月15日に 新造船さつま を就航し、

    その日もその新造船の取材でした。

    豪華客船のようにはいきませんが、広くゆったりとした船内はとても素敵で

    演奏者の奏でる音楽が綺麗に響いて良い雰囲気が作れました。

     


     

                音符       

     

                                                                          

    SF新さつまEnjoyC1

     

    SF新さつまEnjoyC2

     

     

     

     

     

     

     

                                                                                                                                                                                

             

                                                                                                                                                                                  

     

     

     

     

     ライン ライン ライン ライン ライン ライン                                     


    今回は演奏者2名、事務所から2名の計4名での乗船となりましたが、

    お部屋は1名ずつ写真 ↓ のお部屋を頂きました。

    新造船の新しい客室、すご〜い!!快適〜!

     

    またコンサートの他にも星空教室やプロジェクションマッピング ↓ などの

    イベントもあり、船旅を彩る企画がいっぱい。

    (たまに写真撮影のイベントもあるみたい @瀬戸内航路 )

     

     

     


     
                音符 
                       

     

                                                                          

    SF新さつまroomSF新さつまPマッピング

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                                                                                                                                                                                

             

    ただし、この志布志便航路はいつもの瀬戸内航路とは違い

    太平洋を通るので若干(??!) 揺れます、はい、揺れました!(涙)

    それでも、非日常を味わえる船で行く旅。

    よろしければ一度 さんふらわあ にご乗船くださいね!

    そしてご縁があれば、エンジョイコンサートをお楽しみくださ〜い♪

     

    音楽事務所クレセント

     

     

               

     


     おきてがみ 


     足跡のみ残せます。ことづて機能は×です…。

     

     

       

    lunaya * 空倶楽部 * 00:03 * comments(24) * trackbacks(0) * -

    コメント

    おはようございます。
    実に綺麗な夕景ですね。
    それに豪華な新造客船にスウィート客室ですね。

    大阪港から志布志(鹿児島)ですか。
    私はいつか鹿児島県の鹿屋にいつか行かなければならず
    その候補の1つとしてこのコースも考えておきます。
    その時はこんな豪華な客室は使いませんが
    甲板で過ごす時間は長いと思います。

    私も今回はカーブミラーの空はお預けです。
    Comment by Futchan @ 2018/06/09 9:29 AM
    こんにちは(*^_^*)

    雲のアート★素敵色の空ですね
    テレビの取材でしたか〜〜
    きらびやかな世界〜♪
    私も元気なうちに是非体験したいです〜〜
    そのときはどうぞ宜しくねっ(^^)v

    素敵なお部屋ですね!!!!
    船の旅ってほぼ未経験
    1〜2時間くらいの乗船の経験しかありません
    いつか船上で海と空を堪能してみたいです
    Comment by 笑子 @ 2018/06/09 10:46 AM
    こんにちは☆

    新造船「さつま」就役記念コンサート♪
    淡路島の夕景、これから紀伊水道を抜けて、
    高知沖の外洋を高速で駆けて行く序章の様な雰囲気ですね。
    何とも縁起の佳い場へのお仕事だと。

    高知沖は揺れますが、時期が合えば、
    高知の陸上からでは絶対見えない「南十字星」の上側の一つが
    真南の水平線近く、ごく低いところに見えるやも知れません。
    そんな楽しみのある唯一の国内航路です。
    揺れを逆手にとって「福」を引き寄せては如何でしょうか。
    Comment by サイモン @ 2018/06/09 12:03 PM
    こんにちは

    船のデッキから見る風景は素晴らしいでしょうね〜〜
    船に乗るということがあまりないので‥一度見てみたい景色です。

    サンフラワー‥時間があれば大阪へ行くときに乗ってみたいですが‥今はどうだろう。
    お嫁ちゃんの実家は鹿児島だから‥お嫁ちゃんのお母さんは乗れるかもです。話してみようと思います。
    Comment by hitsujigumo3942 @ 2018/06/09 12:55 PM
    船内とは思えない、客室ですね〜

    甲板からの夕景、美しい。
    雲がある夕景はドラマチックで好きです。
    Comment by chacha○ @ 2018/06/09 6:41 PM
     こんばんは。素敵な夕日ですね。お仕事しながら旅を出来るなんて素晴らしいです。
     志布志の休養ですね。
    Comment by Minoru @ 2018/06/09 9:40 PM
    お仕事とはいえ、羨ましいです。

    私、船旅、計画しては計画だおれ・・・。

    新造船いいですね。

    今月のお題は難しいですね。
    Comment by noko @ 2018/06/09 9:41 PM
    こんばんは

    私も難題の一つ。今回は何とか写せましたが来年は・・^^;;

    綺麗な夕焼けですね〜。雲が流れてなんともいえない模様となって、芸術作品です。

    お仕事とはいえ素敵なお部屋で少しは寛げたのでしょうか?
    Comment by bara @ 2018/06/09 10:41 PM
    今晩は!(=^・^=)

    わぁ〜〜、雲の動きが素晴らしい夕景を
    眺めながらの船旅、ロマンチックな様子が
    写真を通して伝わってきます。

    お仕事とは言え、お部屋も素敵で、船旅に
    行きたくなりました。
    Comment by Kmori @ 2018/06/09 11:23 PM
    lunayaさま 
    甲板からのお空 
    ダイナミックなお色と様子ですね 
    小学生のころ音楽室にはってあった 
    有名作曲家の絵の空を思い出しています^^

    今回の事ではご挨拶が遅れて 
    切羽詰まっての事情も重なりまして
    ほんとうに失礼しておりました ..お辞儀)
    しばらくブログはcloseの状態ですが 
    それでもお邪魔冴せていただいて、よろしいでしょうか
    長いことお付き合いいただいているlunayaさまに
    いつもお願いするようなことばかりになって
    いつまでたっても困ったばっちゃんです。。  
    Comment by れもん @ 2018/06/10 6:03 PM
    出遅れました。

    持論、というか思い込みですが...
    天気がくずれる前の夕景はすばらしい。
    そんなドラマチックな夕空です。
    お仕事でも、こんな空に出会えたのなら
    それはもう役得です。
    ちょっとの揺れなら我慢しましょう(笑)
    ...でも、ほんとうはたいへんな緊張もあったのでは。
    そんなご苦労を露とも感じさせない
    興味深い乗船レポート。
    いつも前向きなlunayaさんならではです。
    Comment by juraku-5th @ 2018/06/11 1:07 PM
    こんばんは

    情熱的な夕暮れですね

    さんふらわあ 素敵です♪
    客室も豪華★
    演奏を聴きながら船の旅 イイですね〜〜
    いつか 乗ってみたいです

    船は 凪が良いと最高ですね
    私の田舎は新潟県佐渡市なので 船に乗らないと帰れないので必ず乗ります
    冬は海がしけるので 夏に毎年帰っています
    さんふらわのように大きな船ではありませんが 船の旅 好きです
    Comment by まこちゃん @ 2018/06/11 9:04 PM
    鵝Futchan さま

    さんふらわあ でのお仕事の場合は
    時間的には乗船の合間にお仕事、と
    言う感じなのですが、タイミング良く
    素敵な風景に出会えるかは
    なかなか運任せです。この時は
    何とかギリギリ間に合いました。

    志布志から鹿屋はすぐですね。
    フェリーを利用されると便利だと
    思います。
    ただ、個人的はFutchanさんには
    幾つもの橋や小島の風景が楽しめる
    瀬戸内航路の方で撮影をお願いしたい
    キモチです。(笑)
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 8:51 PM
    鵝‐仍辧,気

    > 雲のアート

    確かに〜。
    一期一会のアートですね!

    このお仕事、往路の下り便は
    西へ向かい、復路の上り便は
    東へ向かうので、それぞれ
    時間的に日没、日の出が見られます。
    運が良くて、ちょうど仕事中、
    または睡眠中でなければ…。(笑)

    根性のないわたしは、なかなか
    そこに情熱を注げていませんが、
    いつかチャンスがあればご一緒
    しましょうね〜♪
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 9:00 PM
    鵝.汽ぅ皀鵝,気

    サイモンさんから頂くコメントには、
    教えられたり納得させられたり、
    気づかされたり勇気づけられたり…。
    今回もわたし自身は何も
    わかっていないことを
    教えてくださり有難うございます。

    うわぁ〜、そうなんですね!
    …、と言ってもその場に
    サイモンさんがいないと、
    高知沖も南十字星もわたしでは
    不確かです〜。(苦笑)
    でも気持ちの持ち方をそう言う風に
    して、これからは臨みたいと
    思います!
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 9:12 PM
    鵝hitsujigumo3942 さま

    わたしもこのお仕事を始めた
    6年くらい前までは、こんな長時間
    船に乗ることなんてありませんでした。
    甲板から見る空、海原、素晴らしい
    ですよ〜!
    飛行機とはまた違う非日常的な世界です。

    さんふらわあのお仕事のお蔭で
    わたし大分をずいぶん身近に感じ、
    好きになりました。
    なので、あの地震の時は本当に
    哀しかったです。
    大分・熊本、頑張って!と言う気持ち
    今もとても強いです。
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 9:21 PM
    鵝chacha〇 さま

    新造船はさすがに客室も
    垢抜けていて素敵でした!
    船内とは思えない?
    いえいえ、思えます!
    この航路はしっかり揺れますから〜。(笑)

    船の甲板から空を撮ると
    空が広い!海が広い!水平線がキレイ!
    その大きさ広さに感激します。
    そこにドラマチックな夕景、朝焼け、
    うまく撮れれば大満足できるでしょうね。
    当分、修行は続きます〜。(笑)
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 9:27 PM
    鵝Minoru さま

    > お仕事しながら旅を出来るなんて
    > 素晴らしいです。

    本当にその通りです!
    そのため、演奏者さんたちも皆さん
    喜んで行ってくれるので
    事務所としても助かっています。

    普段は大分、別府に到着するので
    下船後の自由時間の過ごし方に
    苦労する事はありません。
    でも今回は志布志で…。でも
    仰るように、しばしの「志布志の休日」、
    を楽しんで来ました。(笑)
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 9:34 PM
    鵝noko さま

    最近ブームの豪華客船ではないので、
    それらに比べればかなりカジュアルな
    船内です。
    「海のLCC」そう言う意識のようです。
    朝焼け、日没、島並、大橋…、
    撮影的には瀬戸内航路は魅力満載です。
    ただそちらはまだ新造船ではありません。

    船旅、まだ実現されてはいないので
    しょうか?
    nokoさんでしたら、さんふらわあではなく
    やっぱり飛鳥がお似合いです〜!!
    知人が今ハマっています。(笑)
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 9:40 PM
    鵝bara さま

    カーブミラー、わたしの周りでは
    あまりなくて、あってもほとんど
    普通のおうちが写ってて…。
    このお題、超〜苦手です。(苦笑)
    baraさんのは住宅地内のミラーで
    あっても素敵でしたね〜!

    写真の夕景、
    少し前から気づいていたのですが
    ちょうど船内レストランで食事中。
    同行者もいたのでなかなか
    中断できず、遂に意を決して甲板に出て
    撮影しました。

    さんふらわあでのお仕事は疲れるけど
    楽しい出張!羽を伸ばしています。(笑)
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 9:47 PM
    鵝Kmori さま

    雲が個性的、特徴的な不思議な空〜。
    なんとか写真は撮りましたが、
    風は強い、揺れる!揺れる!で
    カメラを落とさない事が優先の
    撮影になってしまいました。(涙)

    今回は外洋を通る航路で
    やっぱりいつもより揺れたので
    わたし達は全員、酔い止めを
    飲みました。そして
    お部屋が良かったので
    もう寝るしかないね(笑)、の過ごし方。
    いつもは豊後水道通過時だけ
    揺れますがあとは穏やかです。
    Comment by lunaya @ 2018/06/12 10:07 PM
    鵝,譴發鵝,気

    小学校の音楽室に貼ってあった
    のは、誰の絵だったのでしょう〜?
    懐かしい思い出に結び付く空だったの
    だとしたら光栄です。
    ホントはとてもそんな立派なものでは
    ないですけれど…(笑)

    お忙しいでしょうし、色々と
    ご事情、ご都合もおありでしょう。
    どうぞブログ交流は無理のないように
    なさってください。
    そんな中でこうしてご訪問、コメント
    頂ける時があれば、わたしは
    とても嬉しいです!
    Comment by lunaya @ 2018/06/13 8:40 AM
    鵝juraku-5th さま

    空について、特に海から見た空に
    ついてはjuraku-5thさんの
    お見立てに間違いはないと思います!
    いつも素晴らしい空を撮っていらしゃい
    ますものね!
    この日はちょうど空模様を見る・撮る
    条件には恵まれていたと言う事
    なのですね。

    役得…、本当にさんふらわあからの
    撮影に関しては、これ以上の
    役得はありません。
    あとはその役得をどこまで
    活かせるかですね…。(苦笑)
    Comment by lunaya @ 2018/06/13 8:45 AM
    鵝,泙海舛磴鵝,気

    この日は不思議な空に出逢えました。
    沈み切る直前の空、刻々と変わりながら
    瞬間的なアートの連続でした。

    さんふらわあの旅、
    最近はフェリーブーム(?)で
    賑わいがあります。
    わたしはほぼ さんふらわあ しか
    知らないので、他の船にも
    いつか乗ってみたいです。
    まだ訪ねた事のない佐渡市にも
    是非行きたいと思っています。
    Comment by lunaya @ 2018/06/13 8:52 AM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ