<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フクコイ | main | なんちゃって飛行機撮影 >>

風にまかせてどこまでも 〜 by 空倶楽部

0

    南港コンテナとモミジバフウ

                                                                                                                                                                                  

                                   花  撮影日時:2018.1.16

                                                             11:06
                                   花  撮影場所:大阪南港
                                                大阪府

     

     

                                                                     ライン♪ライン『空倶楽部』に参加しています ライン音符ライン                         

     

                   毎月「9」のつく日は空倶楽部の活動日です  

           詳しくは かず某さん chacha〇さん へ 

     

                                2月9日のお題 『樹木と空』

     

     

     

     

     ライン ライン ライン ライン ライン ライン                                     


    大阪南港にコンテナを撮りに行った時の続編です。

     

    「樹木」と言うにはいささか厳しい気もしますが…、

    モミジバフウ (?またはバフウ? ) の実がぶら〜んと

    風に揺れている枝を見かけ、空と共に カメラ カシャリしました!

     

    この実はもともとは緑色で、乾燥してくると実の表面が裂開して

    中から黒い小さな種がいっぱい出て飛び散り、

    やがて種が全て飛んでしまうと実の殻は枝から離れて

    落ちてしまう、のだそうです。

    南港で落ちた種は風に舞い、コンテナに乗って海を渡り、

    新たな大地で芽を出すかもしれません。たどり着く先は風まかせ。

    そう考えるとまさに夢と冒険に満ちた種の人生!

    撮影のお蔭でわたしも浪漫を感じることができました。(笑)

     


     

                   葉    

     

                                                                          

    南港コンテナと青空b

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                                                                                                                                                                                

             

    1枚目の場所、写真を撮っていると、

    「おお〜!こんな所から港大橋が見える!!」、と新発見〜!

    いつも湾岸線で通っている大好きな橋なのです。

    次はこの橋を撮りに来ようっと!、おまけの嬉しい発見もありました。

     

               

     


     おきてがみ 


     足跡のみ残せます。ことづて機能は×です…。

                                                               

    lunaya * 空倶楽部 * 00:03 * comments(26) * trackbacks(0) * -

    コメント

    こんにちは☆

    順光線のコンテナヤード。
    逆光とは違う、オーソドックスな条件撮影。
    実は、奇をてらわず、一見平凡に見せる正攻法での撮影が一番難しい。
    そこを、誰でも撮れる写真にしないように色々考える事が楽しい。
    楽譜通りに演奏せずにアドリブ入れる感覚。
    ここでは、光をたっぷり浴びてアイテムの色をくっきり出すという所でしょうか。
    規定演技に沿って樹木を入れてるというのも大事ですが、
    ここでは冬景色表現に必須でもあります。
    もちろん、唯一無二、絶対に同じコンテナモザイクになることが無い
    という所でステキな写真でもあります。
    そりゃぁ、その都度コンテナの組み換えがあります。

    世界中を渡り歩く旅を一生しているコンテナ達に心有らば、
    「一期一会の出会いを記録してくれてありがとう♪!」
    でしょうか(笑)
    Comment by サイモン @ 2018/02/09 12:33 PM
    可愛いトゲトゲの実が風にユラユラ〜〜
    コンテナに乗って行先不明の旅に出る子もいるでしょうね〜

    なんとな〜〜く私の記事の椰子の実にもシンクロしちゃったりして(*^_^*)
    勝手に喜んでいたりします

    今度はあそこへ行って撮ってみよう!って思うことが
    やっぱりカメラを持つって楽しいなって感じます

    私も最近は花芽やつぼみをぼちぼち観察して回っています
    Comment by 笑子 @ 2018/02/09 2:32 PM
    こんにちは

    私。。このモミジバフウ?の実、好きです。イガイガってして可愛いですよね。

    コンテナに乗って(付いて)船旅って考えるとこ実の冒険を応援したくなりますね。
    Comment by bara @ 2018/02/09 5:16 PM
    風まかせ、いいな・・。

    モミジバフウの実かわいいですね。

    近場の公園にたくさん実が落ちています。

    港大橋のお写真も拝見するの楽しみ・・・。

    この橋には私には苦い思い出が?・・・。
    Comment by noko @ 2018/02/09 7:51 PM
     こんばんは。されげない風景にロマンを感じる、素敵ですね。
    モミジバフウの実は、鈴懸の木の実に似ていてロマンがあります。
     無機質のコンテナとの対比、Very cool!
    Comment by Minoru @ 2018/02/09 8:20 PM
    こんばんは。
    私もモミジバフウを何枚か撮りました。
    実がぶらんぶらんしてるところが可愛いですよね。
    でも‥そのタネがコンテナに乗って何処かの地へ‥
    そうですよね〜〜そう考えると夢があるな。
    Comment by hitsujigumo3942 @ 2018/02/09 8:21 PM
    こんにちわ 
    冬のお空にバフウの実 
    両映えですね〜
    それに今になっても 
    枝に残っているバフウの実は珍しいかもしれません
    =*^-^*=

    積み上げられているカラフルなコンテナ
    美しいです〜
    お色は、
    国別かしら?
    貨物別?
    それとも、アットランダム?
    なんて思っています(*^^*)ッ!   
     
    Comment by れもん @ 2018/02/09 8:37 PM
    一つの残った
    モミジバフウの実、落ちずに頑張って…て!
    新発見、訪れる楽しみが出来ましたネ
    Comment by chacha○ @ 2018/02/09 11:10 PM
    今晩は!(=^・^=)

    遠目ではすずかけの実かと思いましたが良く見ると
    モミジバフウはとがっているのですね!
    ひとつお利口になった気分です。

    コンテナとモミジバフウは正反対な味を出しながらも
    lunayaさんの手にかかればロマンを感じるポエムに
    なりますね!
    Comment by Kmori @ 2018/02/09 11:59 PM
    おはようございます!!
    いいですね〜〜
    コンテナの直線と木々の自然さ、、この対比がすごく素敵です。
    見つけたポイントでの一枚。
    最高の一枚が撮れたらいいですね!!
    しかし、寒いですね〜〜
    3月になったら少しは暖かくなるんでしょうか?(汗
    Comment by かず某 @ 2018/02/10 11:29 AM
    おはようございます。

    冬の空とカラフルなコンテナ。
    そしてモミジバフウの枝に残った最後の実。
    仲間たちはどこへ旅立っていったのかな…
    そんな想像をし始めて、
    またマジックにハマった自分に気づきました。
    いつもながらのlunayaワールド。
    すてきなシーンです。
    Comment by juraku-5th @ 2018/02/10 11:47 AM
    こんにちは

    風にまかせて
    いい言葉ですね。
    そこまではいかなくても
    好き気ままにやらせてもらってます。

    コンテナヤードからは夕景がいいのかな?
    南港大橋の絶景ポイントの一つが
    入構禁止になったと風の便りに聞きました。
    ひょっとするとコンテナヤードの北隣の岸かも
    知れませんね。

    5日に生まれた孫5号に会いに広島にいます。
    昨日ベトナムから帰ったばかりなので
    体温調整機能がおかしくなりそう。
    Comment by Futchan @ 2018/02/12 10:42 AM
    こんにちは〜!

    可愛いモミジバフウの実…
    寒風に負けずたった一人残って
    なんだか切ないね…
    でもでも!
    こうしてlunayaさんに見つけてもらえて
    幸せな春を迎えられますね♪
    春には葉っぱたちに
    「まだここにいたの?
    どんな冬を過ごしたの?」って
    話しかけられるのかも〜。

    コンテナたちと橋、そして一つの実。
    さすが芸術家lunayaさん☆
    『樹木と空』のお題の
    新境地を見せていただきました^^
    Comment by お〜たむ @ 2018/02/12 1:17 PM
    鵝.汽ぅ皀鵝,気


    > 楽譜通りに演奏せずにアドリブ入れる感覚。

    楽譜どおり弾けもしないのに、
    アドリブを入れたくなる!これはサガですかね?(笑)
    派手でなく目立ち過ぎず、でも地味に沈まず
    こっそり個性と言うスパイスで味付けしたくなる、
    それが撮影に於いてもできるようになれば最高です。

    コンテナとモミジバフウで、
    一編のショートストーリが浮かびました。
    空倶楽部のお題に感謝しています。
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 3:15 PM
    鵝‐仍辧,気

    “実”って可愛いですよね〜、
    ロマンがあります!
    椰子の実とモミジバフウの実、形も
    イメージも全然違うけど、わたし達の胸に
    届く浪漫は同じですね!

    あそこに行ってみよう、
    あれを撮ってみよう、そう思えると
    日々の雑事も淡々とこなせるような…。
    写真を撮る楽しさ、ハマるともう
    抜け出せませんね〜。(笑)
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 3:20 PM
    鵝bara さま

    モミジバフウのイガイガさん!
    オーナメントのようにぶらりと
    ぶら下がっていて本当に可愛いです!
    殺風景なコンテナヤードにほんわかとした
    雰囲気を醸し出していました〜。

    ここから飛び出していった種たち…、
    抜け殻になったイガイガさん…、
    どちらにもエールを送りたくなりました。
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 3:24 PM
    鵝noko さま

    モミジバフウは結構あちこちに
    ありますよね。
    普段たいして目を留めなかったことも、
    写真撮影となるとしっかり観察するので
    それはとてもいいことだと思っています。

    コメントを拝読して、
    nokoさんの港大橋での苦い思い出が
    気になって気になって〜!(笑)
    またこっそり教えてください!
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 3:28 PM
    鵝Minoru さま

    植物の赤い小さな実って可愛いですが
    モミジバフウのようなイガイガさんの
    実も味があって可愛いですね。
    鈴懸の実も可愛くて好きです!

    港、コンテナヤードと言う
    どちらかと言うと男性的で硬派な風景が
    モミジバフウで柔らかく感じられました。
    Minoruさんの「Very cool!」、やったぁ〜!(笑)
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 3:33 PM
    鵝hitsujigumo3942 さま

    風にまかせてどこかに旅をする、って
    わたし達にはできないことなので
    とっても羨ましくて憧れます。
    モミジバフウの種には
    「そんな気楽な事じゃないよ!」と
    怒られそうですけどね。(笑)

    1本の木を季節とともにカメラで追いかけて
    見守っていけたらいいな、と
    いつも思います〜。(思うだけ… 苦笑)
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 3:39 PM
    鵝,譴發鵝,気

    ほとんどは木から落ちていましたが
    ところどころ頑張って枝にくっついている
    モミジバフウの実がありました。
    それだけで可愛い!撮らずにはいられません。(笑)

    コンテナ、どう言う決まりごとが
    あるのでしょうね?
    整然と積み重なっていて堂々としています。
    無国籍な雰囲気を醸しだちつつ
    なかなかのロマン派さんです。(笑)
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 3:45 PM
    鵝chacha〇 さま

    風にぶらぶら揺れているのが可愛くて、
    落ちて欲しくないような、
    でも落ちて楽になって欲しいような…。(笑)
    背景にカラフルなコンテナの山、そして橋。
    しっかりとモデルさんの役割を果たして
    くれたモミジバフウでした。

    ここはまた撮影に行きたいと思います。
    自分の撮影スポットを見つけられたことは
    大きな収穫でした〜。
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 3:49 PM
    鵝Kmori さま

    スズカケの実も可愛いですよね〜!
    モミジバフウはいがいがさん。
    トゲトゲしていても存在はほっこり〜。
    冬晴れの空に可愛い存在感を示して
    くれました。

    カメラを構えていなければ
    感じられなかった情緒や景色。
    それらを楽しみながら歩く楽しみを
    満喫している毎日です。
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 5:04 PM
    鵝,ず某 さま

    コンテナを撮りに来てみたら
    モミジバフウの実や港大橋にも
    出会えました〜。
    こう言う思いがげない出逢いや展開も
    カメラ散策の面白さですね。

    3月には暖かくなって欲しいですね〜!
    と、毎年を思いながらやっぱりいつも
    すごく寒くて…。(苦笑)
    今年も期待は薄いです…。
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 5:08 PM
    鵝juraku-5th さま

    ひとつひとつ選んで置いたかのような
    空、コンテナ、モミジバフウ、港大橋。
    それらがひとつの画面に納まった時、
    想像の翼が広がりますね!
    いえいえ、マジックじゃありません。
    この場の持つ空気感です。(笑)

    こう言う場所なので、埃っぽくて、
    レンズを交換するのをためらいました。
    この次はまた違うレンズでも撮ってみたいです。
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 5:15 PM
    鵝Futchan さま

    お忙しところ、ありがとうございます。

    風に任せているように見えて、
    実は綿密な計画と準備の旅。
    その中で各ポイントでは自由に〜、
    それが理想です。(笑)

    お孫さんのお誕生おめでとうございます!
    5人目ちゃんなのですね!
    ますます、まだまだ
    頑張らなくちゃいけませんね!
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 5:21 PM
    鵝,〜たむ さま

    木や葉っぱたちと言葉が通じて
    語り合う事ができたらどんなに楽しいでしょう!
    風にまかせて通り過ぎてきた日々や
    経過を聞いてみたいものです。
    うふっ!お〜たむさんならお話し
    できそうな気がしてきましたよ!(笑)

    これまで音楽以外の分野はほとんど関われずに
    きていましたが、「写真」と言う世界で、
    色々と想像力・創造力を膨らませることが
    楽しいと感じている今日この頃です〜。
    Comment by lunaya @ 2018/02/12 9:28 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ