夢の形骸(かたち)

柿&霧氷
     

その煌めきは

いつの間にか

手元から離れていった

夢の形骸(かたち)のように

懐かしく

神秘的



:*:・♪:*:・・:*:・♪:*::*:・♪:*:・・:*:・♪:*:

 

2月になって、春の曲の練習を始めています。
外はまだとても寒いけれど、部屋の中が音楽で満ちてくると
キモチは晴れやかに、春色に染まっていくようです。



           雪

美しく煌めく霧氷と柿の姿…、
やがて溶け去ってしまう儚いその美しさに、時の狭間で生まれ、
そして散っていった数々の夢のカタチを重ねます。
いくつ夢を叶えれば、いくつ夢を諦めれば
オトナになれるのかと思っていた頃が懐かしいです…。