<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Spring Prologue | main | Pastorale >>

花明かり

0
    夜桜

     
     寡黙なのは演技じゃなくて

     花冷えと

     花明かりのせい

     今宵

     お七気分の

     夜桜見物


     




    :*:・♪:*:・・:*:・♪:*::*:・♪:*:・・:*:・♪:*:

      普段の生活シーンで流れている音楽とは

      少々ミスマッチ気味なのですが、

      実はワタクシ  ♪『夜桜お七』 のファンでして…!

      いくつになっても「なんちゃってお七」「なりきりお七」、と

      イマジネーションが膨らむ愉しい夜桜見物なのでした〜。(苦笑)

     
    :*:・♪:*:・・:*:・♪:*::*:・♪:*:・・:*:・♪:*: 

    桜 そしてこちらは先週の水曜日に母と歩いたご近所の公園の風景。

      あらら、お七はどこへやら?

      麗らかな朝の桜、今年の思い出の桜です。


    桜コラージュ





     おきてがみ

     mail


     
    lunaya * おさんぽ * 00:03 * comments(17) * trackbacks(0) * -

    コメント

    おはようございます

    いつもブログのご訪問、
    あたたかいコメントを寄せて下さりありがとうございますm(_ _)m

    青空に映える桜の木もいいですが、
    また違った印象を与えてくれる
    夜桜も素敵なものですよねぇ。
    雰囲気の出ているお写真に惹かれます♪

    なかなか夜の桜って眺める機会がないので、
    素敵なショットが見られて嬉しく思います^^
    Comment by ニノうめ @ 2014/04/08 4:32 AM
    おはようございます。

    「春に身を置く」にピッタリの情景。

    また、巡ってきた季節に感謝しつつも、
    思い出すは貴女と見た桜、夜桜、花衣。
    思い出に身を置き過ぎることは避けようと
    分かってはいても、心はまた来た道をたどる。

    春はそんな季節でもある。
    Comment by Futchan @ 2014/04/08 8:13 AM
    私は仕事を離れちゃうと寡黙になります^^
    Comment by hairpriori @ 2014/04/08 9:01 AM
    lunayaさん こんにちわ
    花明り
    そうですね、、夜の桜を見せていただいたら
    夜桜の方がもっとその言葉に似会うように思えた花明りです

    お母さまとお散歩をされた公園の桜
    とても美しいです.*・゚
    麗らかな朝の桜なんですね
    爽やかな光が桜さんと戯れて緑の草に写っているようです^^
     
    Comment by れぃん @ 2014/04/08 9:06 PM
    鵝.縫里Δ瓠,気

    いえいえ…、なかなか頻繁にはお伺いが
    できないのですが、ニノうめさんの
    瑞々しい記事に元気を頂いています♪

    夜桜は、意外と見る機会が少ないですが、
    最近はライトアップなど、見せ方に工夫が
    なされている所もあって、新たな感動に
    出逢えるチャンスでもあります。
    いつかニノうめさんも、お出掛けになって
    みてくださいね!
    Comment by lunaya @ 2014/04/08 11:48 PM
    鵝Futchan さま

    「春」は新しい事が始まるスタートの
    季節。だから毎日、前向きで希望に満ちた
    心持ちでいられそうなものなのに、
    過去に引き戻されたり思い出に浸って
    しまう事が、案外多いような気がします。
    Futchanさんのコメント、わたしも
    頷きながら拝読しました。

    「桜」のシーズンはそうだけれど、やがて
    来る新緑のシーズンでは、また元気に
    歩を進められそうです!
    今日もハラハラと舞う花びらが綺麗でした。
    Comment by lunaya @ 2014/04/08 11:56 PM
    鵝hairpriori さま

    お互い、寡黙では成り立たない
    お仕事ですものね。
    仕事を離れたら、気も口も無駄には
    遣いたくないですよね!(笑)

    Comment by lunaya @ 2014/04/09 12:00 AM
    鵝,譴ん さま

    桜も人と同じように、朝と昼と夜とそれぞれ
    異なる表情を見せるように思いました。
    どれもステキです☆
    「花」とつく桜にまつわるコトバは多いですが、
    「花明かり」はまさに見事な夜桜を表現する
    的確な言葉で、なんか好きな響きです。

    この時期、自分だけでなく多くの方々が
    各地で素晴らしい桜を見上げていることに、
    幸せを感じます。そしてそろそろそんな桜とも
    お別れが近づいていますね…。
    Comment by lunaya @ 2014/04/09 12:08 AM
    lunayaさん(*゚▽゚*)こんにちは

    夜桜として恋に燃え恋に散る  笑子

    妖艶な夜桜さんと
    あっけらかんと明るい昼の桜さん。。。
    どっちも桜さんなのですよね♪

    ☆お母様とお花見できて良かったですね☆

    Comment by 笑子 @ 2014/04/09 2:05 PM
    こんばんは!
    お久しぶりです。

    なかなかお伺いできませんで
    申し訳ありませんでした。

    私もおしち、実は大好きです♪
    坂本冬美さんの美しさと力強さも大好きです。

    お花は色々、好きではありますが
    その中でもダントツに好きなのが
    梅、椿と桜です!
    冬の終わりから春にかけての季節は
    最高です!!

    お母様と愛でられたお写真も
    素敵ですね♪

    旦那さんの症状もだいぶ良くはなりましたが
    長期2ヶ月休み中ですが
    あと1ヶ月伸びることになりました。

    バタバタしておりますが
    元気にしております。

    lunayaさんもどうぞ、ご自愛くださいね!
    Comment by 琴乃 @ 2014/04/09 8:58 PM
    こんばんは☆

    桜は、どんなパターンでも楽しめるというか日本人が短い花期を心行くまで楽しもうとした結果何でしょうねー♪
    特に夜桜などはその典型ではないのかと思ってしまいます。
    これ程短期に多彩に楽しむ方法を考え出した我々の先人に感謝「なんちゃらお七(爆)」さんにも感謝です・・・ごめんなさい、文芸の世界では有名な方なのでしょうが、サイモンにはロマンの欠片も無さそうです(笑)
    Comment by サイモン @ 2014/04/09 9:13 PM
    鵝‐仍辧,気

    俳句を詠まれる方には殊更、
    桜の存在感は大きいでしょうね。
    笑子さんも素敵な作品をたくさん
    作られていますよね!
    昼間の桜と夜の桜、皆さんがそれぞれに
    感じるキモチや込める想い…、
    いつも深いものを感じます。

    ご近所の府立公園は約1200本もの桜が
    植えられている桜の名所でもあって
    毎年この時期楽しみにしています。
    今年も母とのんびりお散歩できました♪
    Comment by lunaya @ 2014/04/10 5:47 PM
    鵝ゞ彷機,気

    お忙しい中、お立ち寄りそしてコメントも
    有難うございます♪

    琴乃さんも「夜桜お七」大好きなんですね!
    なんか艶やかでカッコいいですものね!
    カラオケでも歌われるのかしら?(笑)

    旦那さまとのほのぼの仲良しのご様子、
    拝見しています。日々の暮らしはまぁ色々
    ありますが、お互いが思いやりを持って
    楽しく過ごされているお二人に
    気づかされる事も多いです。
    これからも変わらずにいてくださいね☆
    Comment by lunaya @ 2014/04/10 5:53 PM
    鵝.汽ぅ皀鵝,気

    まず、こちらこそごめんなさい!
    多方面に造詣の深いサイモンさん。
    『夜桜お七』は文芸と言うか、歌人林あまりさんが
    作詞した坂本冬美さんのポップ調演歌なんです。
    ちなみに「お七」は「八百屋お七」のイメージ
    らしいです。唐突に「お七」を登場させて
    しまったので困惑されたかもしれませんね。

    桜を愛でるキモチには、たとえご本人は
    意識せずともロマンの要素がいっぱい
    詰まっています♪
    命のゆらぎ、空の息吹等に敏感なサイモンさん
    ですから尚の事!
    Comment by lunaya @ 2014/04/10 6:03 PM
    一度に色んな顔を持つ桜の姿を見せて頂いて
    凄く得した気分です。笑。

    桜の花の色に「酔える」のは日本人だけのようです。
    それだけ日本の春の花の代表格、
    心を奪われる春ですね。

    Comment by rojineko-lily @ 2014/04/12 9:56 AM
    鵝rojineko-lily さま

    色んな表情を持つのは、桜も人も
    そしてきっとネコさんも同じでしょう。
    それらをどれだけ見ることが出来るのか、
    また見せることができるのか、で
    日々の充実度、満足度も変わって
    きそうですね。

    日本人の感性はデリケートですものね!
    咲く花にも、詫びさびや栄枯盛衰の
    精神を見出してこころを寄せるなんて
    誇らしい美意識です☆
    Comment by lunaya @ 2014/04/13 9:54 AM
    鵝,發い舛rojineko-lily さま

    わたしからの上記の↑リコメで誤字があり、
    「文字通り詫びるべきです!(笑)」、との
    指摘を受け納得しましたので、ここで
    誤字訂正とお詫びを。

    はい、そうです…。
    日本人の感性、「侘びさび」を見出す
    美意識でした。
    「わび」違いの間違い、お詫びして訂正します。
    Comment by lunaya @ 2014/04/13 11:11 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ