<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 湖畔のカフェで | main | ハーバーで大人を楽しむ >>

ふとした瞬間

0
    イカリマーク

    忘れていたつもりでも 

    ふっと思い出す事がある 

    海への憧れ 

    オンナノコの欠片 

    優しい手紙をくれた人 


     



     
    おきてがみ

     ↑  ご訪問をお知らせ頂ければ、
        後ほどお伺い致します♪
     

     
    lunaya * オンナゴコロ * 00:03 * comments(16) * trackbacks(0) * -

    コメント

    こんばんは。
    私も今日
    ふっと、優しさを分けてくれた友人との思い出を
    思い出しておりました。
    偶然にも(^^) 
    普段の生活ではあまり思い出さないのに
    不思議でした。
    本当に不思議。
    lunayaさんの言葉はときに
    私の思いと重なることがあって。

    普段はしまってある、大切なこと。
    思い出せるきっかけは偶然でしょうか・・・
    Comment by 琴乃 @ 2012/06/13 1:15 AM
    lunayaさま♪おはようございます☆

    どんな優しいお手紙をいただいたのかしら・・・

    笑子にもたった1人・・・そんな人がいました
    毎日毎日 数え切れないほどのお手紙をいただきました
    いろんな言葉も教えてもらいました

    ドキドキやトキメキ
    オンナノコの欠片
    私の中にもまだいくつか残ってて
    時々心の隅でカサカサって音を立てています♪

    lunayaさんのオテンバ伝説!!!意外というか
    ギャップがあって、いろいろ想像しちゃいました
    もちろん!笑子もウシロ経験者です♪むふ
    Comment by 笑子 @ 2012/06/13 9:23 AM
    私に対してそんな気持ちになってくれる子がいるといいですが^^
    Comment by hairpriori @ 2012/06/13 10:48 AM
    私の初恋(?)の人の名前は「港くん」。
    幼稚園に入る前位の頃、子供の足では遠い私の家までの距離を
    頑張って歩いて会いに来てくれた子です。

    何だかlunayaさんの言葉に、
    ふとそんな事を思い出してしまいました。

    いつも思うのですが、lunayaさんのブログには
    優しい音楽が流れているようですね。
    Comment by rojineko-lily @ 2012/06/13 4:37 PM
    lunayaさま

    懐かしいような
    でも私の頃よりはうんとおしゃれさんな・・
    そんな思いでこころがフワフワしています( *^^)(*^^*)ッ!

    階段のある素敵なお屋敷ですね.*・゚
    夜のシーンでみせていただいたお屋敷とはまた違うのでしょうかしら^^
    なにしろ、階段のあるお家でほんとにすきなもんで・・
    ひとりで重ねちゃったりしております (;^_^A ・・・
    素敵な物語のおしゃしんをありがとうございます
    Comment by れぃん @ 2012/06/13 6:21 PM
    赤い水玉模様がオンナノコのワンピースに見えました♪
    Blueの椅子と錨のオブジェはもちろん憧れの君(笑)
    大事な素敵な想い出があるのですね〜。
    愛しい記憶が心にある限り女はいつまでも「オンナノコ」
    こんなワンピース着て優しい手紙を読み直したいですね。
    初夏のポストカードのよう、とても素敵♪
    私もいつまでも「オンナノコ」の心でいたいです^^
    とってもトキメク写真と言葉、ありがとうございます。
    Comment by 花。 @ 2012/06/13 10:17 PM
    こんばんは♪

    きゃーー!
    かわいいーー!!

    かわいい物をみると
    忘れていたオンナノコの気持ちが
    蘇ってきます。

    ふとした瞬間、トキメキのスイッチが入ること
    ありますよね。
    それは今だったり、
    遠い記憶だったり
    これから先のことだったり…。

    今日のお写真で、トキメキのスイッチ入りました〜(*^_^*)



    Comment by mayurin @ 2012/06/13 10:42 PM
    鵝ゞ彷機,気

    「想い」と言うのは、普段何も意識していなく
    ても、実は自分の中でふわふわと漂っていて、
    それがある時ふっと何かの拍子に心の
    どこかに引っ掛かる…、そんな気がします。

    琴乃さんとわたしの思いが重なる事が
    多いとしたら、それは偶然プラス、気持ちの
    向かうベクトルのようなものが似ているから
    なのかもしれません♪

    自分の気持ち、思い、大切にしていきましょうね。
    Comment by lunaya @ 2012/06/13 11:19 PM
    鵝‐仍辧,気

    いやん!(笑) 笑子さんの場合は「優しい」と
    言うより「熱い」お手紙だったようですね!
    そして笑子さんには「欠片」どころか、
    まだまだ大きな“オンナノコ片”が残って
    いますよ。永遠になくならなさそうです。

    オテンバ伝説、意外でしたか〜?
    すずらん組のイメージ壊しちゃったかしら。
    その辺りのお話も、盛り上がりそうです☆
    Comment by lunaya @ 2012/06/13 11:24 PM
    鵝hairpriori さま

    優しいお手紙、書いてあげた側かしら?
    マメで細やかなprioriさんですから、
    きっとそんな女子の一人や二人、東京やら
    パリやらにいそうですよ〜♪
    Comment by lunaya @ 2012/06/13 11:26 PM
    鵝lily さま

    これ以上ないような嬉しいお言葉、有難う
    ございます♪
    そしてふっと「港くん」の事を思い出して
    下さったなんて!

    港くん、まるでこの記事のイメージボーイ
    であるかのようにピッタリの方ですね。
    これからまたlilyさんの所に、時々ふっと
    当時のままの笑顔で遊びに来てくれるでしょうね。
    Comment by lunaya @ 2012/06/13 11:33 PM
    鵝,譴ん さま

    階段のあるおうちがお好きなんですね。
    種明かしをすると、ここは由布院の街中にある
    雑貨屋さんの店先で、お店は後方の階段のある
    おうちではなく、左側に降りて行った所にありました。

    盆地の湯布院で見た、遠い海のイカリマーク、
    わたしの部屋にはあまり似合わないとわかって
    いながら、つい惹かれて覗き込んでしまう
    フランスの田舎風雑貨屋さん。
    懐かしさや愛しさできゅんとなるふとした瞬間でした。
    Comment by lunaya @ 2012/06/13 11:40 PM
    鵝_屐 さま

    ホント、赤い水玉模様はお母さん手作りの
    オンナノコのワンピースにありそうです!
    唐突(?)に思える、ブルーの椅子とイカリ
    マークは、どこか自慢げなオトコノコの
    宝物のように見えますね。憧れの君?そうかも
    しれません!

    優しい手紙、手元にはもう残ってなくても
    書かれていた文章は覚えています。
    オンナノコだった証拠ですもの!(笑)
    Comment by lunaya @ 2012/06/13 11:48 PM
    鵝mayurin さま

    そうそう!いくつになっても可愛いものを
    見た時には「きゃーー」とか「いや〜ん!」とか
    言ってしまいます。(できるだけ小声を心掛けて
    ますが… 笑)  これはもうオンナノコの
    オートマティックな反応でしょうね。

    > それは今だったり、
    > 遠い記憶だったり
    > これから先のことだったり…。

    ↑ mayurinさんのトキメキスイッチONポイント、
    とても素敵な文章! 声に出して読んでみました♪
    Comment by lunaya @ 2012/06/13 11:58 PM
    誰もが皆、ロマンチックな海の
    思い出を抱いているのでしょうね。

    ”優しい手紙をくれた人”は、
    サーファー?ヨットマン?
    それとも湘南ボーイ?
    あっ、これは関東圏内用語でした。。
    Comment by bluemillefeuille @ 2012/06/15 9:46 PM
    鵝hana さま

    うふっ♪ な〜んかこう言うシーンには
    関東圏の名称の方が合いますね〜。
    ここで関西弁だとせっかくのお澄ましムードが
    コメディーになっちゃいそうです!(笑)

    海辺の出身でもサーフィンの元女王でも
    ないとしても、確かに誰もが一人前に
    海にまつわる思い出を持っていますよね。
    ふっと思い出したこの夏はビーチボーイズでも
    聞きながら、湾岸線を飛ばしましょう♪
    Comment by lunaya @ 2012/06/15 11:51 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ