待つ

百合1
 

 

 待っています 

 

こころを無にして

待っています 

 

期待したり しなかったり 

相手を追い詰めたり 許したり 

 

カレンダーを見て指を折ったり 

たいしたことじゃないわと強がったり 

 

そう言うことはしないよう 

 

こころを無にして

待っています
   

 

コメント

ただただ待つ・・
コレが出来るようになれたらホントに大人になれた証拠ですかね・・

うなずけます・・・
今なら、そう
そんな風に待てると思います・・・

腱鞘炎緩和マウスを注文しました☆
多分今日届くと思います
それからね!私も左でマウス練習しています(笑)

lunayaさま こんにちわ~♪

ぷふ 待つとき、それが本気で待っている時って
なぜか
あれもこれもと、それに正反対のことなども胸をよぎりますね^^
あんまり待ち遠しくて、終いには腹を立ててみたり・・
なんぼになってもですけど・・

スマートにさらっとした心持で、そう思いながらなかなかできません
総天然色でまっている自分が恥ずかしくなることありますです (≧ω≦)b

こんばんは。
あぁ・・・lunayaさん
私まったく出来ていません(泣
指折り数えて色々考えてしまって・・・・
ただ待つ
それが出来るようになるのはいつのことでしょう(泣

きっと
欲が多いのだわ
と自分を戒めております

わかります!
今だから、心を無にして待てる気持ち。
おおらかになったのか、忍耐強くなったのか、
いつの日か、待つことが苦でなくなり、
そういう日々も結構楽しんだりして。。

こんばんは♪

可愛い乙女ごごろ。
まっすぐで純粋で
本当に本当に大好きなんだろなぁ。
心を無にして待ってます…。
そう思いながらも
気が付けば「好き、嫌い、好き、嫌い…」と
花びら占いとかしちゃってそう…(笑)
でも、そうやって待っている姿も
健気で可愛いなぁと思えるのです(*^_^*)


「待つ」こと。
今は大好きなこと。

若い頃わたし、祈るような想いで
ベランダから遠く都心のビルを眺めて
泣きながら待った記憶があるのです。笑。
ひと昔もふた昔も前の幼い思い出ですけどね。
でもそういう時代があったから
今の少しだけオトナな花。がいたりして。笑。
さぁ、何色に染めてもらいましょう。
横顔が薄っすら桃色に見えたりしますよ♪

鵝hairpriori さま

待てることは大人になれた証拠…。
待たずに突っ走れることはまだ若い証拠?

どちらも手に入れたい、
どちらも失くしたくない…。

オトナって複雑。(笑)

鵝‐仍辧,気

そうね、そんな風に…「こころを無にして」
待てるかしらね、少なくとも待てるフリはできそうな
気がしますね♪
でもそろそろ「待ち人来たり〜」にならないかな…。

痛いのはツラいですね、お大事にね。
でもこの状況も、笑子さんならきっと
次のチャンスや飛躍の糧にしちゃいそうですよ!

鵝,譴ん さま

ホント、実はそうですよね!
終いには腹が立っちゃいますね。「こころを無にする」
にはこらえ性がかなり必要、オトナでもヤセ我慢
なのかもしれませんね。(笑)

ちょうどすっごく怒っている事があって…。
その事はプロフィールページの近況に書きました。
待たされて激怒しているまっ赤なワタシです!(笑)

鵝ゞ彷機,気

指折り数えて待ってる琴乃さん〜♪
琴乃さんなら全然構いません!許しちゃう。(笑)
さっきもprioriさんの所で書きましたが、
「待てること」への憧れと、「待てない若さ」への
羨望があります。「待てない」今の若さも
大事にして下さいね。

あっそれから…、オトナになっても欲深いのよ、
ワタシだけかな???(笑)

鵝hana さま

これでもだいぶ
待てるようになりました。
スピードも控えめに走れるように
なりました。(笑)
キモチ、切り替えられるようになりました。
hanaさんもですか?この実感は嬉しい実感ですよね!

まだまだ修行途中ではあるけれど、こうして
オトナになっていくの悪くはないなと思えます。

鵝mayurin さま

ありがとうございます☆
この写真に当てはめた生のキモチは
mayurinさんが仰るとおりのものでした!

「こころを無にして」とわざわざ言うのは
無じゃない裏返しのようなもの…。
でも無にしないとツラいものね。
百合の花を見て気がついてくれるといいなぁ。
mayurinさんはオトメゴコロに敏感な方!

鵝_屐 さま

ひと昔もふた昔の思い出だけど、それは
花。さんの心の中で鮮やかに昇華して今も残って
いるのでしょうね。 もう2度とそんな悲しい
「待つ」はしたくない?いや、でもやっぱり「待つ」
の楽しさと不安、両方を手放したくない…、それは
「ときめき」のコトですものね☆

待つこと、待たせること、わたし達どっちも好きかも!(笑)