波乗りメモリー

サーフボード


カラフルなボードで

得意の波乗り

大波 小波

ご機嫌 不機嫌

やっぱりご機嫌

乗っていたのは
   
若さの荒波


   
:*:・♪:*:・・:*:・♪:*::*:・♪:*:・・:*:・♪:*:


サーファー、サーフボード…、
ハワイではとにかくよく見かけます。
その度に胸キュン!

     
      サーフィン


サーファーブームの学生時代。
都会の海を泳ぐ陸サーファーのわたし達は
カフェオレ色の肌にサーファーカットのロングヘア、
シルバーやターコイズのアクセサリー、
Dionne Warwick や Third Worldの音楽、
たいして勉強もせずピアノも弾かず…、
お喋りとドライブで都会の海を行き来しては
泣いたり笑ったり傷ついたり傷つけたりしていました。

我ながら、今では
「うっそ〜っ?」「ごめんなさ〜い…!」って感じです。
そんな頃もあったのね? あったのよ。(苦笑)

でも、そんな若さの荒波乗り越えて
大人になるって悪くない、うん、絶対!



早朝のビーチ サーフボード

 

Cokeの思い出

USJ11

 

いつもCokeを注文したのは

憧れの人の真似をしたから

青空と 大笑いと BGMのRC♪

大好きだったCoca-Colaは

ハタチの頃の思い出の味


  

:*:・♪:*:・・:*:・♪:*::*:・♪:*:・・:*:・♪:*:


自分史の中で、時代を彩るいくつかのキーワード、
友達の名前やファッションや流行歌や口癖など…。
その中でおもしろいのが、
ジュース「よく飲んでいた飲み物」。
そう!遥か昔、Cokeをよく飲んでいた頃がありましたっけ!?
今では考えられない青くさい頃。(苦笑)
でも今から思えば、ちょうどその頃から
オトナの階段を上り始めた、そんな眩しいシーズンでした…。

 


 

ヤマブキイロ

ヤマブキ
 

 

「ヤマブの黄色でしょ!」 

そう言っていた幼馴じみ 

もう久しく会ってないけれど 

この花を見かけるたびに 

彼女のことを思い出す 

わたしは結構 

黄色より好きかもしれない 

山吹色 

 

 

やさしい思い出

ポスト
 

 

送った手紙の数よりも 

届いた返事の中身より 

懐かしいのは 

投函できなかったキモチの行方 

それでも今が 

こころ穏やかなのは 

ありがとう 


やさしい思い出のお蔭です 


 

Something Blue 6 

ネックレス


見覚えのあるブルーのネックレス 

そうこれは学生時代に 
母の日のプレゼントに贈ったもの 

あれから何十年も時は流れ 

もう使うことはないだろうからと 
今度は母からわたしへ 
お返しプレゼント 

わたしはもう当時の母の年齢を 
すっかり越えてしまったけれど 

いくつになっても母娘のふたり 
 
いつまでも母娘のわたし達 

明日は母の日 



★☆〜∵∴〜★☆〜∵∴〜☆★

本来の意味とは違うのですが 
見かけたら なんとなく気分のいい 
素敵なあおいもの… 
それらを“Something Blue” として 
コレクションし 時々アップしています 


★☆〜∵∴〜★☆〜∵∴〜☆★ 

 

 

スノーフレーク

スノーフレーク

 

社会デビューは 
4歳の時のすずらん組 

そのためかどうか 

ベル型の花姿には極端に弱く 

 

いじらしさと懐かしさで 
胸がしめつけられるよう 

重ねた歳月とわたしの原点を

ふり返らせる可憐な姿 

スノーフレーク 

 
 

雪の降る寒い夜

Christmas6

それは子供の頃の 
勘違いの記憶 

雪の降る寒い日には 
いい子のところに 
願いを叶えてくれる 

三人の賢者がやって来る 

その刷り込みから 
逃れられないわたしは 

雪の夜 扉の前に 
立っているかもしれない 
彼らの事が気になって 
夜中に目を覚ます事がある 

もう二度と 
いい子だった時代に

 

戻ることなど
できないと言うのに 

 
☆:'¨':☆:'¨':☆:'¨':☆:'¨':☆:'¨':☆:'¨':☆ 

いつもご訪問いただき有難うございます。

わたしの大切なもうひとつのお月さま、
“ Harvest Moon ” のayaが書いた記事
『 ハッピーGIRLS 写真ライフ 』のサイトがオープンしました。
こちらは画像ソフトCorelさんのPaintShopを使った
画像加工の紹介サイトです。
お時間がございましたら、是非ご覧ください。 ↓ ↓ 



PaintShop1


 

コート

コート
                                        〜 Photo by mscomtec   ← ありがとう
 

ウィンドウの中のカラフルなコート 

「どれがいいかな…」 

二人が同時に指差したものは 
ほら やっぱり同じ色! 

ショップのディスプレイより 
街のイルミネーションより 

ずっとキラキラ輝いていた 
わたしたち二人の未来 

コートを見ると思い出す 
笑顔がはじけた 
あの日 あの場所 あの瞬間 




☆:'¨':☆:'¨':☆:'¨':☆:'¨':☆:'¨':☆:'¨':☆

12月10日にクレセント主催のイベントがございます。
ご興味をお持ちの方は ↓ をご覧ください。


バナーaa

 

 

 

蓋はあけない

香水瓶

 

棚の隅に 
今もひっそり 
ふたつの香水瓶 

もう1滴も残っていないのに 

蓋をあけると 
たちまち時が遡り 
波立つ心を持て余す 

だから決して 

蓋はあけない
 

 


 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

瞳キラリ

帆船

 

その姿を一緒に港に見に行った日 

目の前の圧倒的な存在感に 
 
私たちは未来への限りない夢や 
 
溢れんばかりのエネルギーを感じとった 
  
お互いの瞳には 星がキラリと光っていた 

月日は流れ 
 
もう一緒に未来を考える事はないけれど 

今もそれぞれ 
 

瞳キラリの大人でいる事が 私たちの最後の約束 


 

1